5年生 社会科の学習(11/2)

5年生は、社会科で自動車産業の学習を始めました。

自動車一台は、小さなネジまで数えると、およそ3万個の部品からできています。

 

今日は、担任の先生の車を実際に見学しました。

 

外回りのランプやワイパーなど、その働きについて説明を聞きました。

いよいよ、エンジンルームの見学です。

ベルトやタンク、プロペラに電気コードなど、たくさんの部品が確認できました。

 

エンジンがかかると、ベルトやプロペラが勢いよく動き始め、熱い風を感じました。

 

「こんなたくさんの部品をどうやって組み立てるのかな。」

自動車生産について、興味が出てきました。